サイトメニュー

うつ病とリストカット

悩む女性

周囲の理解が大切

自分の体を自分で殴ったり刃物で傷つけたりすることを自傷行為と呼び、なかでもリストカットは若い女性に多いことで知られています。自傷行為の理由を本人に尋ねても、よく分かっていないことがほとんどです。ただ強いストレスや憤りや後悔などが背後にあり、感情の昂ぶりを抑えきれずに自分を傷つけてしまうとされています。精神医学的に見ると、自傷行為の原因になる障害には境界性障害やパーソナリティ障害などの種類があります。またうつ病や双極性障害、アルコールや薬物の乱用も原因になります。うつ病で孤独感や絶望感が高まったとき、そこから逃れようとして自分を傷つけることがあります。ただし自殺願望とは別の感情であり、痛みを感じたり血を見たりすることで生きている感覚を実感する意味があるとされています。いわば自殺を防ぐために自分自身を傷つけていることになります。とはいえ動脈を切れば命に関わる場合もありますし、根底に自殺願望を抱えているのは事実なので、「リストカットをする人は本当に死ぬ気はないから」などと安易に対処するのは禁物です。自傷行為の種類には手首を切るほかに、わざと火傷をしたり自分の顔を殴ったりするケースがあります。しかし本人が行為を恥じている場合が多く、目立たない場所を傷つけることもあるので、周囲の人が容易に発見できるとは限りません。痛みや血に慣れてくると、行為が次第にエスカレートする可能性があるため注意が必要です。癖になりやすい反面、原因になっているストレスが解消されれば自傷行為も治まります。自傷行為を発見した場合、大騒ぎしたり強く叱ったりすることはタブーとされています。リストカットを見つけて衝撃を受けるのは当然ですが、過剰に反応すれば自傷行為者の期待どおりになり、何度も繰り返すきっかけになる可能性があります。また叱られればストレスがいっそう溜まり、自己否定に繋がるので要注意です。まずは落ち着いて対応することが大切で、基本的には相手の悩みや苦しみに共感を示すことが治療への第一歩になります。ただし自傷行為を肯定してしまったり、過度に甘やかしたりするような行動を取るのも良くありません。適度な距離感を取るのは難しいので、専門クリニックで相談することをお勧めします。専門クリニックの治療方法には、認知行動療法や薬物療法などの種類があります。認知行動療法は専門家とのコミュニケーションを通じて、物の考え方を改めていく治療法です。精神的に安定してくれば、自傷行為も自然に治まってきます。またうつ病が原因になっている場合は、抗うつ薬や抗不安薬などが効果を現すこともあります。ただし薬物依存が行為を促す場合もあるため、使用する薬の種類や服用期間に関しては、専門家の指示をしっかりと守る必要があります。自傷行為への注目度は高まっていますが、まともな病気とは見なされなかったり、差別や偏見の対象になったりすることも少なくありません。しかし精神疾患の一種であり、きちんと治療すれば回復するという認識が重要です。専門クリニックでは適切な治療法を提案するとともに、患者への対応についての助言を行っています。